ナノアルファ

ナノアルフの評判について

更新日:

ナノアルファの成分・コラーゲンについて

成分をチェック
ドリンク、ゼリー、粉末、タブレット……。現在、薬局・ドラッグストアなどの実店舗、あるいはネット通販では、驚くほどたくさんのコラーゲン食品が出回っています。興味がなくても、大抵の人がそれらの商品を見かけたことがあるはずです。

では、コラーゲンとは一体どういうもので、何の役に立つのでしょうか?

コラーゲンとはタンパク質の一種。人間の体に含まれる全てのタンパク質のうち約30%を占めていますから、人体の構成成分として欠くことのできないものといえます。

その役割ですが、主なものは「細胞同士を結合させる」「組織を支える」「外との境界線を形作る」の3つ。

細胞と細胞の間には、細胞外マトリックスというものが存在し、外部の刺激から細胞を守っています。この細胞外マトリックスの主成分がコラーゲンです。

この細胞外マトリックスが多く存在するのは、体の組織を支えながら結びつける支持組織。つまり、人体が形あるものとなっているのは、コラーゲンが接着剤のように各パーツを結ぶ働きをしているからなのです。

体を形作る大事な成分であるため、骨、軟骨、血管、内臓など、全身に広く分布していますが、全体の40%は皮膚に存在しています。

しかも皮膚の基礎組織といえる真皮層の70%はコラーゲンなのですから、その重要度が分かるでしょう。

真皮層では、まるで網の目のようにコラーゲンが張り巡らされていて、肌のハリと弾力を保つ働きを担っています。

ところが皮膚のコラーゲンの量は40歳を過ぎると急激に減少していきます。

肌の中の細胞は、コラーゲンを作っては分解する、という作業を繰り返しているのですが、加齢とともにその分解量が生成量を上回ってしまうのです。

それに加えて、コラーゲンそのものも老化現象をおこします。

もともとコラーゲンは他のたんぱく質よりも丈夫な構造をしていて、その寿命は数ヶ月から数年。しかし、長く体に存在しているうちに老化していき、肌のみずみずしさを守れなくなります。この現象が「糖化」といわれるものです。

こうなると、それまで保っていた肌のハリ、弾力が失われ、目の周りにシワやくぼみなどが生じてきます。

ニッピコラーゲン化粧品が企画開発したナノアルファは、トラブルを起こした肌に超微粒子であるナノコラーゲンを浸透させ、その修復をサポート。失われがちな肌の保湿作用を復活させ、潤いを保ちます。

ナノアルファの保湿作用

保湿のイメージ
ナノアルファで最も期待できる効果は保湿作用です。

洗顔後、普通に塗るだけで肌にコラーゲンが付着して潤いを保ち、乾燥からガードしてくれます。

肌の表面にある水分はそのままだとドンドン蒸発していくのですが、ナノアルファに配合されたコラーゲンは肌に高分子の膜を張り、水分を逃しません。

しかも生コラーゲンということで、保湿効果は普通のコラーゲンの約2倍です。

さらにナノアルファには生コラーゲンのほかにナノコラーゲンが配合されています。

ナノコラーゲンは、その名前の通りナノ化された超微粒子のコラーゲン。肌の表皮を通り抜けて角質までしっかりと届くため、内部からの保湿も行ってくれます。

生コラーゲンで外から保湿。ナノコラーゲンで内側から保湿。Wの保湿作用により、肌に潤いが復活します。

-ナノアルファ

Copyright© 『本当に効いた!ナノアルファの口コミ・効果まとめ』 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.